日本カルト協會

日本脫カルト協會とは

設立は1995年11月、心理學者、聖職者、臨床心理士、弁護士、精神科醫、宗教社會學者、カウンセラーそして「議論ある団體」の元メンバーやご家族等のメンバーから構成されているネットワークです。

本會は相談機関ではありません。破壊的カルトの諸問題、カルトに関わる個人および家族へのカウンセリング経験についての交流およびカルト予防策や社會復帰策等の研究をおこない、その成果を発展?普及させることを目的としています。

設立の経緯

1995年3月の強制捜査にはじまった一連のオウム報道では、教祖?麻原の異常性と共に、信者達の想像を絶する奇妙な行動が問題になり、マインド?コントロールという概念で様々に説明されたものです。入信にはじまって教団のメンバーとなり、教祖の命じるままに違法行為を行った彼らの多くが、世間的にはいわゆるエリートであったことも人を驚かせました。

オウム真理教や統一協會のように、入信勧誘の際に、ターゲットの精神の不安定化を図って取り込み、やがて社會常識を捨てさせ、全てを教団の論理で行動させるような団體を破壊的カルトと呼びます。歐米圏では、このようなカルトの被害に注目し、その予防から、カルトメンバーの救出、アフターケアなどを手がけている反カルト団體がいくつかあって、心理學者や精神科醫、教育者、法律家、聖職者、さらにカルトの元メンバー達が、ネットワークを形成しました。

オウム真理教の場合、自分の子供達が入信して教団活動をしていることに悩んだ親たちが以前から「親の會」を組織し、何人かの専門家がアドバイザーとなっていましたが、1995年6月、オウムの事件を契機に、カウンセラー達が獨自に集い、情報交換をすることから始め、同年11月に本會は設立されました。

當初は、日本脫カルト研究會(Japan De-Cult Council)という名稱でしたが、2004年4月25日、日本脫カルト協會(The Japan Society for Cult Prevention and Recovery)に変更し、それまで賛助會員であった元メンバーやご家族も會員としました。

このホームページにある情報や本會が作成の出版物、ビラ、ビデオなどによって、悲劇が少しでも減ること祈ります。また、関連する情報があったときなど、お伝えくださると幸いです。

お問い合わせフォーム

Translate ?
人妻出轨合集500篇最新㊣久青草无码视频在线播放㊣欧美bestiality变态人禽交㊣亚洲欧洲日产国码久在线